工事台帳作成

NIWA Biz の中心となる、工事台帳について説明していきます。

目次

NIWA Biz の工事台帳

NIWA Biz の工事台帳は、基本となる作業の日程や場所等の基本情報に、様々な情報を紐付け工事の一元管理を行う事ができます。
関連項目は、見積(予算)、仕入(発注)、売上(請求)、作業日報、打合日報、経費等になります。
内容については、画面下部にリスト化されており、詳細情報へのアクセスも簡単に行えます

基本情報

仕入の基本情報を入力していきます。
受注日、営業担当、工事名(工事台帳名)、施工担当、得意先(顧客名)、現場住所、工期等を入植します。

受注明細

受注明細では、見積りの情報を確認することができます。
虫眼鏡アイコンから、この工事台帳に対する見積りを作成済見積りリストから選択してください。
(見積作成時に工事台帳を選択済の場合は、こちらに表示されます)

売上仕入経費一覧

・売上:売上計上された見積りの金額が表示されます。
・経費:工事に紐づけられた経費が計上されます。
・仕入:工事で仕入れた内容が表示されます。
仕入先でまとめられ、工種ごとに集計された値を確認できます。

作業日報一覧

工事の作業日報のリストを確認することができます。
概要につきましては、こちらで確認いただけます。該当の日報の詳細情報へのアクセスも簡単に行えます。

打合日報一覧

工事に関わった打ち合わせの日報のリストを確認することができます。
概要につきましては、こちらで確認いただけます。該当の日報の詳細情報へのアクセスも簡単に行えます。
合計の時間、営業労務費(人件費)、営業経費合計を確認する事ができます。
(工事の実績には計上されません)

ふりかえり

工事に関わった従業員のふりかえりの平均が確認できます。

売上情報

売上情報では、見積り(予算)に対しかかった費用(実績)を項目毎に確認することができます。
項目の説明
・工種別の仕入合計(材料仕入、外注/加工、リース、処分、その他)
・仕入予算計(材料仕入、外注/加工、リース、処分、その他の合計)
・人工合計(外部、内部の合計)
・人工数(人工合計÷人工単価)
・実行予算計(仕入合計+人工合計)
・予算外金額(実績のみ)があります。
その他
・税金の項目
・利益
・総利益
・請求済金額
・請求残高
・労働分配率
・労働生産性
現場の売上情報を一元管理することができます。

各種ボタン

各種ボタンについて説明します。
戻る:前の画面に戻ります。
一覧へ:工事台帳の一覧(検索)画面に切り替わります。
ステータス変更ボタン:「見込」「失注」「受注」「施行中」「竣工」「作成済」を選択します。(下図のように切り替わります)
工事請負契約書:工事請負契約書を発行(PDF、印刷)する事ができます。(ステータス受注以降で、契約方法が契約書・注文書の場合に使用できます。)
売上登録:受注明細に入力(又は見積を紐付け)した受注を売上計上します。
見積作成:見積を新規に作成します。

ステータス変更ボタン

ステータス変更ボタンを選択する事で、上記のようにステータスが切り替わります。 ステータス、契約方法、受注明細の状態によって、「工事請負契約書」、「売上登録」が 使用可能となります。

まとめ

造園業向け業務管理システム NIWA Biz(ニワビズ)の工事台帳作成について、説明させていただきました。
工事台帳は、NIWA Biz の中心となる項目で、殆どの項目が工事台帳に紐づいています。概要を一目で確認する事ができ、詳細情報へもリンクが可能です。